色々な薬と薬の飲む女性
  • ホーム
  • カンジダの症状、感染経路、治療法

カンジダの症状、感染経路、治療法

カンジダは誰でもかかってしまう可能性がある疾患です。
一度は聞いたことがある方も多いかもしれませんが、詳しく知っている人は意外に少ないでしょう。
カンジダの症状にはいろいろあります。
主に女性に多く見られる疾患で、おりものの異変などの自覚症状から発症に気づく人がほとんどです。
おりものの量が多かったり、ヨーグルト状のおりものが見られたりした場合はカンジダの発症が疑われます。

症状の中でも特に辛くなってしまうのが、陰部のかゆみです。
痒さを我慢することができずにかいてしまい陰部を傷つけてしまうこともありますので注意が必要です。
ひどくなってしまうと夜も眠れなくなるぐらい辛いかゆみに悩まされています。

男性でもごくまれにカンジダに感染してしまうことがあります。
男性に現れる主な症状は、性器の違和感やかゆみです。
症状が現れた時にカンジダであると診断することは難しいのですが、包茎の場合はカンジダを発症する確率が高まりますので特に気をつけなければなりません。

カンジダの感染経路は、自己感染がほとんどです。
カンジダ菌は性器の粘膜の周辺や消化管、皮膚などに常在している菌ですので、症状が出ていない健康な人も保有しています。
普段は悪影響はないのですが、体調不良や過労、ストレスなどが溜まってしまうと体の免疫力が下がることで異常に繁殖してしまって症状が出てしまうことがあるのです。
特に妊娠中や糖尿病の方に起こりやすくなっています。
感染経路には十分注意をしていくことが大切です。

カンジダを治すための治療法は、早めに病院で診察を受けることです。
女性のカンジダの治療で1番早く治すために有効な方法は、膣内洗浄です。
膣内洗浄をすると菌だけではなく余分なおりものもきれいにすることができます。

その他には薬を投与してもらう方法があります。
カンジダを完全に治すためには薬の投与は欠かすことはできません。
専用の薬を医師に処方してもらいましょう。

カンジダにはこの薬!エンペシド膣錠

カンジダの治療には効果がある決まった薬があります。
エンペシド膣錠は、病院で医師に処方してもらえる薬としてとても有名です。
女性のカンジダのみに効果があり、白癬や男性のカンジダには効果がありません。
エンペシド膣錠の効果が一番発揮できるのは、膣内のみです。
いわゆる性器カンジダ症だけに効果があるのです。

1日1回1錠(主成分として100ミリグラム)を膣の深部に挿入します。
一般的には6日間継続して使用することになりますが、必要に応じて使用期間が長くなってしまうこともあります。
必ず医師に指示された使用方法に従って使用するようにしましょう。
エンペシド膣錠を使い忘れてしまったときには、気がついた時点ですぐに1回分を使うようにしなければなりません。

ただし、次の使用しなければならない時間が近づいてきているときには、1回分をとばして次の通常の使わなければならない時間に使うようにしてください。
絶対に2回分を1度に使うことはできません。
誤って1度に複数のエンペシド膣錠を使ってしまった場合には、必ず担当の医師か薬剤師に相談するようにしましょう。
医師の指示なしに使用を中止することも辞めなければなりません。

エンペシド膣錠の主な副作用は、熱感や刺激感、かゆみや発赤、発疹や痛みなどです。
このような症状が出てきてしまったら、すぐに使用することを辞めて担当の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

病院で医師に処方してもらうことに抵抗を感じる方には、市販薬も販売されています。
エンペシド膣錠と似ている成分のものもありますので、薬局で相談しながら決めることが大切です。
エンペシド膣錠で根本からカンジダを治すようにしていきましょう。