色々な薬と薬の飲む女性
  • ホーム
  • コンドームで防げない!オーラルセックスで感染る性病

コンドームで防げない!オーラルセックスで感染る性病

口を使って性器に刺激を与える行為は全般にオーラルセックスと呼ばれています。
最近のアンケートでは、若い世代の約7割がオーラルセックスをしているという統計があります。
そこで問題になるのは、オーラルセックスでも性病に感染する可能性があることです。

性病の病原体は弱いもので、人間の体を離れると生きていくことができません。
そのため通常は風呂の湯やプールの水から感染することはありませんが、粘膜同士が接触したとき、病原体の含まれた精液や膣分泌液などから感染することがあります。
性器同士の接触は当然として、オーラルセックスの場合は性器から口に感染するケースと、口から性器に感染するケースがあります。

オーラルセックスで感染する性病には、クラミジアや淋病や梅毒などがあります。
なかでも最も多いのはクラミジアで、性器にクラミジアがある人の1~2割は喉にも病原体を持っていると言われています。
しかし口や喉に感染しても症状が軽かったり無症状だったりして、性病だとは気づかないことも多いのが問題です。
このことが自分でも知らないうちに感染を広げる結果に繋がります。

経口避妊薬は妊娠を防ぐのに効果的ですが、性病の予防には役に立ちません。
コンドームは避妊と性病予防の両方に効果があります。
けれどもコンドームをしていても、オーラルセックスによって病原菌が広がってしまうリスクは避けられません。
厳密に言えば、オーラルセックスの際にもコンドームを着用するとか、性器をラップで覆うなどの方法で防げますが、そうしている人は少ないでしょう。

一部のウイルスなどは体液が混じらなくても感染するため、コンドームで覆われていない部分から感染する場合もあります。
以上のように性病を完全に予防することは、非常に難しいと言えるでしょう。
さらに注意すべき点は、口にできる性病が子どもに移る危険もあることです。
性器の接触がないのに、なぜこうしたことが起きるのでしょうか。

口にできる性病は子どもに移す危険性もあります

感染者と普通にキスをしても、接触している時間が短ければ、性病が移る可能性は高くありません。
しかし唾液を交換するようなディープキスでは、喉や口で繁殖している病原体が移る危険があります。
また軽いキスでも、皮膚の接触だけで感染するウイルスであれば、移る危険が皆無とは言えません。
親愛の気持ちで子どもに軽くキスするだけでも、性病を移してしまう恐れがあるわけです。

また赤ちゃんに口移しで離乳食などを与えることも危険です。
もともと弱い病原体とはいえ、唾液や食べ物を通して子どもに移ることは考えられます。
大人には病原体に対する免疫力があるため、大した症状のない性病でも、抵抗力の弱い子どもが感染すると重症になる恐れがあるので、軽視することはできません。

母子感染の危険性も含めて、母親になる人が性病に感染している状態は、子どもに大きなリスクを背負わせることになります。
妊娠中や育児中の女性は、特に性病予防を心がけなければならないでしょう。
口の性病は自覚症状に乏しく、異変に気づきにくいかも知れませんが、少しでも違和感があり、オーラルセックスなどで思い当たるところがあれば、とりあえず婦人科で相談することをお勧めします。

口の性病は婦人科のほか、耳鼻咽喉科で診察を受けることもできます。
性病で受診するのは抵抗があるという方も、プライバシーが漏れる心配はないので、気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。
子どもに危険を及ぼさないためには、まず母親が性病予防に万全の注意を払うことが大切です。
その際にはパートナーとのピンポン感染という可能性もあるため、できればカップルでよく話し合い、一緒に対策を講じるのが望ましいと言えます。