色々な薬と薬の飲む女性
  • ホーム
  • 性病の検査方法!陰部は見られる?

性病の検査方法!陰部は見られる?

病院での性病の検査のやり方には問診のほかに陰部を直接確認する方法と血液検査で数値を確認する方法があります。
陰部を見られることに抵抗があるかもしれませんが直接確認しなければどのような状態になっているのか判断できませんし、まだ症状が出ていない状態で性病に感染していることがあるので血液検査も必要です。

陰部を直接確認する方法はズボンやスカートと一緒に下着も脱ぎ下半身を固定した状態でベッドに横たわり診察を受けます。
医師と患者が目線を合わせなくて良いようにカーテンを設置してある病院が多いです。
医師による陰部の触診及び器具を使って内部の確認や粘液の採取を行います。
陰部の確認と同時に問診を受けます。
自覚症状として排尿時の痛みや痒みがあるか感染の心当たりがあるか等、陰部の確認では判断できない内容を質問されます。
家族やパートナー等の身近な人物が性病を患っている場合には見逃しが無いように申告しておくと安心です。

あわせて血液検査を受けます。
血液検査は健康診断等と同じように血液を腕から注射針で採取する方法です。
性病によってはあまり自覚症状が無い病気もありますので知らないうちに他の人にうつしてしまわないようにしっかりと検査する必要があります。

性病の検査に行く際には保険証が必要です。
すでに症状がある場合には保険が適用されます。
症状が無い場合には保険が適用されませんが、性病は症状が出にくい病気もあるため医師の判断によって保険適用になる可能性がありますので保険証は持参しましょう。
病院によって当日検査の結果を教えてくれるところと後日診断結果を確認に行かなければならないところがあるので時間に余裕が無い場合は事前に調べておくことをおすすめします。

誰にも知られたくない場合には匿名で性病診断を受けることもできます。
匿名での検査は病院だけではなく市町村の保健所でも行われています。
保健所で受ける場合には費用がかかりませんが検査できる病気の種類が限られています。

性病検査した履歴は家族にバレるのか

感染の心当たりがなく家族にも堂々と性病検査をして来たことを言える状況ならば良いのですが、出来るだけ隠しておきたい状況で検査をするとなると家族にバレないかが心配になります。
こっそり誰にも言わずに受けたとしてもバレずに済むのでしょうか。

結論から言うと保険証を使ってしまうとバレる確率は非常に高くなります。
何故ならば保険証を使って受診した履歴が定期的に保険組合から郵送されるからであり、この履歴を見られれば受診したことが発覚してしまうためです。
こっそりと受診をするには保険証を使わずに実費負担で行うと記録が残りませんし、保健所も記録が残らないので家族に知られてしまったということにはなりにくいです。

ただ、保険証を使わないと10割負担になってしまうため、もし陽性だった場合は検査費用だけではなく治療のための費用がかかります。
それだけの金を支払うことが難しい場合は保険証を使うしかないのですが、産婦人科や泌尿器科など病院名に性病を連想させる診療科名が入っているところは避けるのが無難です。
多くの場合診療科までは記載しないので、総合病院といった何処に受診したのか分からないような名称を選ぶと良いでしょう。

近くに総合病院が無く、産婦人科や泌尿器科を受診する場合は性病の検査をするとは言わずにおりものが多い、生理が重い、前立腺が腫れているような感じがするなどと違う症状を述べておくと疑われずに済みます。
予め症状を伝えておくことで性病検査をしたとしても念のために行ったのだなと思わせることが出来るので、対応のやり方をよく考えておくことでスムーズに受診が可能です。
ただし、陰性の場合は良いですが陽性だった場合は検査結果を見せずに破棄するようにしておきましょう。