サラリーマンの間で副業が流行るのはどうして?

サラリーマンの間で副業が流行るのはどうして?

政府主体で副業を推奨しています。それはどうしてでしょうか?

私の場合は純粋に給料があがらなくなってしまったというかなり切実な問題があるのですが、副業をしているサラリーマンはこんな環境にいるのか確認していきたいです。

副業が解禁されるようになった理由

一昔まえなら副業というのは就業規則で禁止されている企業が多かったです。そのためにサラリーマンで副業しているという方は少なかったです。

副業が解禁されるようになった背景のひとつには、働き方改革があると考えられます。

もちろん、社会問題としても取り上げられた長時間労働の是正や持ち帰り仕事の禁止などで労働時間の短縮を求められているという事情もあります。

最近ではそれらに加え、労働人口の減少にともなう人手不足や働き方自体が多様化してきたことで、会社員にも多様な働き方を求める人が増えたことが大きな理由となっているようです。

そのような時代の流れに対応するように企業側は政府主導で多様な働き方を認めるような取り組みを始めており、そこから副業解禁の流れが生まれてきました。

副業がもたらすメリット

副業が流行っているのはメリットがなければ、出来ません。それは具体的にどういうものなのかを私が体感してきた中であげていきたいと思っています。

好きなことをお仕事にできる

「好きなことを仕事にする」というのは社会人が一度は夢見るものですが、実際は実現がなかなか難しいことがほとんどです。

本業では実現することのできない夢や目標を実現することができる可能性を持っているのが副業の魅力といえます。

自分のペースでお仕事ができる

副業は自分のペースで仕事ができることも魅力のひとつです。本業の場合は会社の都合や方針があるので自分の思った裁量で仕事ができないことが多々あります。場合によっては

残業をしながら仕事をこなしている人も多いのではないでしょうか。

その点副業は自分の裁量でマイペースに仕事を進められますので身体的な負担もストレスも比較的感じることなく続けることができるものが多いです。

副収入を得られる

生活面でのメリットといえばやはり副収入を得られることでしょう。本業の収入に加えて新たな収入源を立てることができますので、もし月々の支出が本業の収入だけでは厳しくなってきたときに副収入でカバーすることができます。

さらに、副業が軌道に乗れば支出のカバーどころか生活資金に余裕ができたり貯金が多くできたりすることもあるので、今よりも余裕のある暮らしが期待できるところも大きい魅力といえます。

TOPページを見る