グローバル化だとどうして英語が必要なの?

グローバル化だとどうして英語が必要なの?

グローバル化と呼ばれている昨今ですが、グローバル化の意味を明確に理解している人はそんなに多くはないと思います。

そしてグローバル化によってどうして英語が必要になるかもわかってないかもしれないです。グローバル化がどういう意味でそして英語を含む外国語がどうして必要になってくるのかそのあたりは解説していきたいです。

グローバル化とはどういう意味か?

簡単に言ってしまうと、グローバル化とは「あらゆるヒト・モノ・カネ・情報が国家や地域に関係なく世界中を移動するようになる現象。」のことです。

現に今では、交通機関の発達によって自由に地球を移動できるようになり、インターネットの普及によって一瞬にして世界中に情報を発信・交換できるようになり、ネットさえ繋がればいつでもどこでも世界中のモノを買えます。

そして今後ますますこの傾向は進み、技術革新によってより効率的に、高速にヒト・モノ・カネ・情報の交換が活発に行われる可能性が高いです。

要するに世界中の人々と競争をしなければならないということですね。

英語を学ぶ理由は?

割と勘違いしがちなことなのですが、【英語ができる=優秀な人材】であるという認識を持ってはいけないということです。

日本語と英語が話せるけど他に何もできないような人材だったら意味がないです。グローバル化で大事なのは世界レベルで闘える市場価値の高い人材になることだからです。

それでも英語が必要な理由は海外の人とコミュニケーションを取る上で外国語を学ぶことはとても大切です。その反面、海外の優秀な人材と競い合っても負けないスキルを身につけることこそグローバルな社会で生き残る唯一の方法となります。

何となく外国語を学ぶのではなく、優秀な人材になるのは何をすべきかを考えて目的意識を持って学びましょう。

まとめ

外国語が話せて海外の人との親密なコミュニケーションがとれると仕事の幅が広がります。ただ、どうなりたいのかによって今身につけるべき知識やスキルや経験や実績は異なります。

英語が必要とされているのは自分の持っている知識や経験を海外に上手く伝達する手段であると考えるのがグローバル化における英語の重要性です。

ただし目的がなくてなんとなく英語を話したいとなると意味がなくなってしまうので自分がこれから先どうなっていきたいかという目標を持ちながら英語を勉強するのがベストです。

TOPページを見る